松井玲奈を応援するブログ

元SKE48で役者の松井玲奈さんを応援するブログ

SKE48松井玲奈と大矢真那インタビュー「今はグループを立て直す時」

スポンサーリンク

f:id:mau727:20150223103901j:plain

SKE48松井玲奈と大矢真那が語る、激動の6年間とこれからの課題「今はグループを立て直す時」 - Real Sound|リアルサウンド

玲奈ちゃんとまさなのインタビュー記事。

二人とも自然に受け答えしており、読み甲斐がありました。

松井:AKB48グループは大所帯だから、「変わることが当たり前なんだ」って思っています。これが5人組のアイドルグループなら絶対にありえないことだと思うんですよ。例えば、ももクロももいろクローバーZ)にエビ中(私立恵比須中学)のメンバーが入ることになったらすごい騒動になりますよね(笑)。でも、AKB48グループはそういうこともあり得るグループで、それを自分たちもファンの方も受け入れながら、新しいメンバーでのSKE48を常に作っていかなければいけない。もちろん、それが受け入れられないファンの方もいらっしゃると思うんですけど、私たちはその事実を認めてもらって、より楽しんでもらえるようなグループにしていかないと、SKE48はこの先に続いていきません。いなくなったメンバーのことは大きいですけど、そこは埋めていかなければ前に進めないですし、現状で何をするのが一番なのかをいつも考えながら活動しています。 やはり初期の頃玲奈ちゃんが作っていた壁は相当高かったようです。

玲奈ちゃんの最近の発言と一貫した内容。

昔はSKEのことを考えていましたが、兼任してからはグループ全体について発言するようになりましたよね。

視野が広がったのかなと思ってます。

松井:そうだよね、でも内側の私はすごく孤独感を抱えながらあの日はステージに立ったよ(笑)。寂しいわけではないんですけど、その当時はみんなに壁を作っていたから……。

大矢:たしかに、すごい作られてました(笑)。

松井:元々一匹狼スタンスということもあり、最初は「自分が上に上がっていくためにここにいる」という気持ちでやっていて、そういう意味では「みんなと自分は違う」って思って、孤独感を感じていました。でも、本当はみんなと仲良くしたいけどどうすればいいかわからないという涙も多かったです。今振り返ると笑い話ですが、不器用だったなと思います(笑)。

大矢:すごい高い壁だったよー! なかなか乗り越えれなかった(笑)。

不器用太陽な玲奈ちゃん。

笑って話せる位成長したということでしょうね。

今週末から映画もいよいよ公開ですね。 楽しみです。