松井玲奈を応援するブログ

元SKE48で役者の松井玲奈さんを応援するブログ

月刊エンタメ2015年4月号の感想

スポンサーリンク

f:id:mau727:20150223103901j:plain

月刊エンタメ2015年4月号を読みました。

まさなと玲奈ちゃんの単独インタビューが掲載されていたのですが、面白かったので少しだけ紹介します。

他にも古柳のページがあったりと盛りだくさんなのでオススメの一冊です。

玲奈ちゃんと珠理奈との関係

松井 よくライバルとかそういう感じを求められるんですけど、私はそういう意識はないです。(中略)もちろんすごいのは分かるし、特別視すべきっていう意見も分かるんですけど、私がそれをしちゃいけないと思うから、みんなと同じように接しています。

珠理奈を特別扱いしない、気を使わない、理由はパンフレットの対談にもありましたね。

玲奈ちゃんはまだ若い珠理奈にとってどのような態度をとるのが彼女のためになるのか考えています。玲奈ちゃんにとってやはり珠理奈は同期といえど年下で守るべき存在なのかなと思います。

2011年の総選挙の舞台裏シーンを振り返る

ーーバックステージで号泣する珠理奈さんと、その横で放心状態でひとり一点を見続ける玲奈さん。
松井 ヤバいですよね、あれ(笑)。時間が経った今、改めて観てもヤバいと思いますよ。みんなが珠理奈に駆け寄っていく気持ちはもちろん分かるんです。でも私は寄っていけない。それは別にライバルだと思っているとかではなく、珠理奈の気持ちがよくわかるから。だから、あの時、自分の順位を手放しで喜べなかったです。
ーーあのシーンを観ていて珠理奈さんはもちろん辛かったと思うんですが、玲奈さんもまた辛いだろうと思いました。
松井 あの時の主観の風景は今でもよく覚えていますよ。私、どうしたらいいんだろうって、すごく辛かったですね。誰にも寄っていけないし、誰も寄ってこれない。そういう中で、それに気づいて当時リーダーだったりかちゃん(平田璃香子)がそっと寄ってきてくれたのはすごく嬉しかったです。

玲奈ちゃんはこのシーンを観てショックを受ける人がいないか心配していますね。 そんな心配をするくらい、玲奈ちゃんの中で辛かった出来事なのでしょう。

玲奈ちゃんは他人に気を使うタイプなので、リクアワで枯葉1位の時といい、キツかったでしょうね。

芸能界、人気があってナンボの世界です。そんなの気にしないと傍若無人に振舞ってもいいのですが、そんな世界で活動していても周囲に気配りのできるのが松井玲奈松井玲奈たる所以なのだと思います。

大矢真那、30歳までSKEに在籍すると宣言

ーー 残る1期生は3人になります。大矢さんは30歳までいると公言されていますが。
大矢 はい!

マジか!

大矢 いたいですね。もしどうしてもやめてくれと言われたら、卒業はしてもSKE48には関わらせてくださいって言うと思います(笑)やっぱり結成からいたから何があってもSKE48というグループは好きだし見届けたいです。

やはりまさなことミスSKEですね!

48グループのコンセプトとしては踏み台なのでしょうが、一人くらい一生SKE48に関わるんだというメンバーがいてもいいと思うのです。

それにしてもついに3人になるのですね。もう一度5人で神々の領域を歌う姿をみたいです。